折り畳み自転車ブロンプトンのフロントキャリアを自作してみた。ダイソー製品多数。

こんにちは、かしこです。

折り畳み自転車ブロンプトンをお持ちの方で、フロントキャリアを付けたいなと思っている方で、でも値段が高いし無理だなぁ、と思っている方に朗報です。

なんと、自作で簡単にフロントキャリアを作る事が出来るんです。

という事で、本日は僕がブロンプトンのフロントキャリアを自作した際の作り方を、写真付きで紹介したいと思います。

お付き合いください。

 

折り畳み自転車ブロンプトンのフロントキャリアを自作してみた。

 

こちらが、僕が一年前に購入したブロンプトンになります。

まったく不具合なく乗れています。

さすがは折り畳み自転車の王様ブロンプトン。

と、余談はさておき、こちらにフロントキャリアを装着するわけですが、

ブロンプトンにはフロント部分に、キャリアを取り付けるためのアタッチメントが付いています。

このアタッチメントに装着可能なフロントキャリアを自作していきます。

アタッチメント部分の測定

まずはフロントキャリアを取り付ける部分であるアタッチメントの寸法測定です。

ブロンプトンのアタッチメントは台形の形をしているので、上底の長さ、下底の長さ、高さ、厚み をすべて測定しておきます。

この寸法を控えておき、これに装着可能なフロントキャリアを自作していきます。

材料をそろえる

フロントキャリアに必要な材料を準備します。

 

・木材固定用の治具(200~300円)

ホームセンターの資材館などに売っています。

 

 

・角材と合皮(100円~300円)

こちらもホームセンターなどに売っています。

・金網(100円)

ダイソーで売ってます。

・巾着袋(100円×2ケ)

ダイソーで売ってます。

フロントキャリアの組み立て

まずは、合皮で角材を包みます。

その際に、角材に両面テープなどを貼っておくとシワが出来にくいです。

角材を合皮で包んだら、糸で縫っていきます。

もし、合皮で包んだり糸で縫うのが面倒な場合は、角材のままで大丈夫です。

木材固定用の治具を取り付けて、ねじで固定していきます。

このとき、ブロンプトンのアタッチメントの厚み分だけ隙間をあけて固定しましょう。

こんな感じ↓

もう一つの木材固定用治具もねじで固定していきます。

金網を真ん中らへんで90度に折り曲げます。

折り曲げた金網と土台をインシュロックで固定します。

フロントキャリアを装着する

では、組み立てた自作フロントキャリアを装着してみます。

アタッチメント用に開けておいた隙間に、差し込みます。

装着できました!

こんな感じです・・・・(手作り感がハンパない)

手作り感をなくすために、ちょっと一工夫しましょう。

金網の端をさらに折り込んで、その上から巾着袋をかぶせます。

巾着袋を二つとも取り付けたら完成です!

まとめ

いかがだったでしょうか?

手作りにしては、まあまあカッコよくないですか?

これが1000円くらいで作れるので、ぜひ皆さんも挑戦してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください