DOHITOMI (土肥富)レンジクロスフックSでキャロ・スプリット用ジグヘッドを作成

アジング

DOHITOMI のレンジクロスフックを使って、キャロ用のジグヘッドを作りたいと思います。

レンジクロスフックは最も小さいSサイズを使用します。
小さい方が吸込みやすいと思うので。

シンカーにはヤマワの鈎打ちガン玉を使用


通常のガン玉ではなく、鈎打ち用のガン玉を使用します。

ヤマワのガン玉なんかが好ましいと思います。

溝が広いので、フックを挟んだ時に安定して固定する事が出来ます。

また、通常のガン玉より柔らかいので加工が楽です。

重さは4号(0.2g)で良いと思います。

潮流に乗せやすく、かつ姿勢も安定する重さだと思います。

プライヤーで挟んで固定


プライヤーで簡単に挟む事が出来ます。

強く潰し過ぎないよう注意が必要です。

接着剤を塗布


ガン玉を潰しただけでは、簡単に取れてしまいます。

よって、接着剤も塗布しておきましょう。

完成


自作は、沢山作ってこそメリットがあります。

また、針は消耗が激しいものなので、ストックを沢山作っておきましょう。

スポンサーリンク

[ad#kiji1]

コメント

タイトルとURLをコピーしました