魚釣りがタチが悪い趣味だと思う5つの理由。

思う事

どうも、かしこ です。

・・・突然ですが、皆さんには趣味はありますか?

ギャンブル、ゴルフ、読書、なんでも構いません。

人生において、趣味ってとても大切ですよね。

人によっては仕事よりも大切だって言う人もいます。

仕事だけの人生なんてつまらないですし、何でも良いので

趣味があるに越したことはありません。

ただし、どんな趣味もハマり過ぎると、不都合が生じる事があります。

例えば、代表的なところで「 ギャンブル 」などはハマり過ぎると

どんな不都合な事が起こるかは簡単に想像がつくかと思います。

それ故、世間一般では「 ギャンブル 」に対するイメージは良くないです。

 

・・・では、趣味の 「 釣り 」 についてはどんなイメージをお持ちですか?

美味しい魚が食べられる とか 健康的 など、プラスイメージが強いのではないでしょうか。

 

しかしながら、本日は「 釣り 」が いかにタチの悪い趣味なのかを、皆さんにも分かって

頂きたいと思います。

これからお話しする内容ですが、特に 既婚者 の方に読んで頂きたい!

 

タチ悪① 一般的にはイメージが良い

一般的には、釣りというのは大変イメージの良い趣味とされているようです。

家族サービスの一環として行う、ファミリーフィッシングが、そのような印象を

定着させる要因になっているのかもしれません。

また、釣った魚が食べられる事などから考えて、他の家族からしても嬉しい事に思えます。

そういったプラスイメージによって、簡単に足を踏み入れてしまうケースが多いのです。

その先に待ち受ける過酷な運命を知る由もなく・・・

タチ悪② 一匹釣ったらやめられない

魚がかかった時の高揚感とスリルは、ジェットコースター並です。

それ故、ギャンブルに匹敵する程の中毒性を有しています。

また、日本人は元来、島国という事もあり漁をして生活してきました。

魚を釣る事で、漁本能が目を覚ますわけです。

タチ悪③ 釣れる釣り場は不安全であるが故・・・

釣りをやっていると、もっと沢山、もっと大きな魚を釣りたいと思うようになります。

そうなると、必ずしも安全な釣り場とはいかなくなります。

不安全な場所には、家族や子供を連れていけません。

よって、家族を家に置いて、自分だけ釣りに行くようになり、家庭をかえりみなくなります。

タチ悪④ 奥さんの機嫌が悪くなる

旦那が釣りに行くと奥さんの機嫌が悪くなる事があります。

理由は色々ありますが、奥さんの言い分としては、

・魚が臭せぇんだよ!

・誰がさばくと思ってんだよ!

・自分だけ楽しんできやがって!

・土日ぐらい子供の面倒見ろよ!

他にも色々あるかと思いますが、おそらくどこの家庭の奥さんも

内心こんな感じではないでしょうか?

出来れば奥さんの機嫌を損ねたくはないものです。

タチ悪⑤ 離婚されても 釣り があるので寂しくない

家族をかえりみず釣りばかりしていると最悪の場合 離婚 されます。

しかし、その頃には釣りが好き過ぎて離婚されても悲しくありません。

むしろ、より自由に釣りに行けるようになるので、喜びすら感じます。

完全に魚釣りと結婚した状態です。非常にタチが悪いです。

ですが、それ程 釣り には魅力が有るのです。

まとめ

いかがでしょう。

釣りのタチの悪さを理解して頂けたでしょうか?

釣りをやるなとは言いません。

ただ、ハマりすぎないようにして下さい。

そして、何よりも家族を大切にして下さい。

家族が笑顔じゃないと、心から趣味を楽しむ事なんてできません。

どうか、趣味と程よく付き合っていってください。

 

・・・ちなみに、僕は一昨年結婚し、子供も生まれました。

大切な家族が出来ました。

 

そして現在、「 釣り 」にどハマりしてます!!

 

スポンサーリンク

[ad#kiji1]

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました